動作確認:Win/Internet Exproler 7.0/Screen size 1680×1050
推奨文字サイズ:中/JavaScript+CSS→ON
無断複製、転載厳禁/当サイトはオフィシャルとは全く関係ありません。

2017: 09< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>11
 #未分類(31) #日記(235) #絵日記(64) #ヴァンパイア騎士(2) #銀塊(0)
--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



#スポンサー広告

<やんばーーぁいん!!ギアスー!: home : 5時起きとか>












まひろにだけ表示を許可する。


#トラックバックURL
http://nadplus.blog56.fc2.com/tb.php/136-1ce24420




20070305Mon
また、ニュクスを倒してみました。セーブデータが、ニュクスアバター直前で残っていたので、時間はかかるけれどやってみた。
闇夜のドレスで天田君ばっか3回くらい即死してた(笑
だって、指示出す前に動くからー(笑

じゃなくてね、綾時と戦いたかったわけじゃなくてね、主人公って死んだのかな、生きてるのかなっていうのを確かめてみたくてね。
結局的にはニュクスとの戦いで全HPをかけて封印したんだから、「死」でもおかしくないんですよね。生きて戻ってきましたけども。
戻ってきた後は、きっと卒業式2日前からの状態「疲れた、体がだるい…」な状況がずっと続いてたんでしょうね。
いわゆる、 いつ死んでもおかしくない状態 におかれていたのかなーって。
それでも、その辛さを隠しながら生活してたりする健気な姿を見て涙するんだよ、綾時は(は?
きっと決定打は順平の「寒いのに今日もサボらず学校きてんね!感心感心」って台詞。
ただ聞き流すと普通の高校生にありがちな台詞じゃない?って思ったんだけど、これってさ、主人公に向けるにはおかしい台詞じゃありません?
だって、ニュクスと戦う前までの学校生活では一度もサボったりしてないし、ましてや夏休みの部活動まで律儀に行ってた子ですよ?
あえて言うなら、天才でカリスマで漢な性格の奴がどうして学校をサボったりするんだよと。天才でカリスマだけな性格だったらそりゃサボるかもねと思うけど、漢ですよ、漢。きっと、私の認識が間違っていなければ、漢は勇気を持っているだけじゃなく「おとこ」としての精神もずば抜けた物だと思う。サボるなんてもっての他!って考えると思うんだけどな…。
というのがもし合っていたのなら、順平の台詞って「あれれ?」な感じが、しなくもないかもしれないじゃないですか(えらく弱気だな
となると、主人公と仲のいい順平だから、部屋が隣の順平だから、知っている事実があるのかもしれない。
順平は知っていたのかもしれない、主人公の体調が最近芳しくないことを。
それをあえて表には出さず、隠しているから順平なりに「遠まわし」の心配なのかもしれない。
わー、こ、こここれは順主、の事実発覚か…?!
順平きっと片思いだよ。だって、主人公は綾時のだもん(私的すぎる
基本は綾主!

じゃぁ、綾時の「普通の生活に戻るんだ、君たちも彼もね」って言う言葉は嘘だったのか?
確かに、順平やゆかりを初めとする主人公以外のメンバーは、戦いの記憶はなくなり「普通の生活」に戻ったと思う。現にゆかりたちはアイギスや美鶴たちの事を忘れていたのだから。
1回目にEDを見たときは、私も「主人公もゆかりたちと一緒で忘れてるのかなー」って思ってました。
けど、ゆかりたちがアイギスに声をかけたり、美鶴達の話をしているとき、何も言わないし何も選択肢が出てこないんですよね。12/31のEDと違って。
「あの子はなぜ自分たちを見ているのだろう」「あの子は誰」「アイギスと分かっているけれども干渉しない」「説明する気力がない」「むしろ、知らない方がいい」「折角普通に戻ったのに、今更辛い記憶を掘り返すのは…」「どうでもいい」とかね、まぁ考え方としては色々あるけれども、一言も口を出さなかったから、おかしいなって。
で、主人公の記憶が残っていると確信まではいかず「可能性はある」と思ったのが、ボロニアンモールで、薬局屋に入ろうとしたとき。
骨董品屋や警察に用がないっていうのは、分かるけど、薬局屋の前で「もう、ここには用はない」って言ったとき、なるほどなーって。まぁ、骨董屋や警察の前でも「もう、ここには用はない」って言ってたんですけどねー。
だから、記憶はあるんだなーって。
記憶がある上に、「疲れた、体がだるい…」といった疲労を毎日抱えていてそれを踏まえた上の「普通の生活」って、随分じゃありません?
おこがましいというか…。
それにね、綾時は主人公には直接言ったわけじゃないかもしれない。
あの、「普通の生活に戻る~」っていうのって、主人公がニュクスに勝っていなくなったとき、綾時が主人公以外のメンバーしかその場にいなかった時に言ってたし…。加えて「君たちにも、”彼にも”ね」って彼を付け足しているように聞こえたのは私だけでしょうか…。
だから、綾時の言った「普通の生活」の保障があったのは他のメンバーにとってであり、主人公はただの気休めの為に付け足されたって言う可能性も少なからずあるわけで…。
あー、でも、あの宇宙が仮に主人公のユニバースだったとしたら、ユニバース=主人公だから、聞こえてたっちゃ聞こえてたんですかね。
さてさて、「頭の綿な奴」が語りだすと早々に矛盾が生じて、ホツレが出てきてなりませんね。全く(笑
じゃぁ、主人公の為の気休めだったとか。
これから辛い毎日が始まるわけだし、淡い希望の一つや二つ持たせてやってもいいという、人の心を持った綾時なりの心遣いだったのかもしれません。
綾時の言葉はきっと嘘じゃなく優しさだったということですね。
そ、そうか、あれは綾主好きの心を弄んでくれる台詞だったのか…!!なんてこったー!!きっと、綾主はオフィシャルなんだ!あの台詞から言ってそうに違いない…!!!やっべ、よだれ出る(汚
なんだ、この順平との扱いの違いは(笑

で、そんな辛い体を引き摺ってまで生き永らえている主人公の、他のメンバーへの小さな抵抗というか、反抗がきっとアイギスが部屋に来た時の選択肢だと思う。
そりゃ、自分と比べ物にならないほど安穏と生活している人を見ていたら流石の仏も少しは反抗したくなりますって(笑
私も2回目は反抗した。
アイギスが部屋に来た時、簡単な選択肢「開ける?開けない」的な選択肢が出てきたんですよ。
記憶のある主人公が、あの涙を見た主人公が、もうED間近のプレーヤーが、最後まで一緒に戦い涙までしたプレーヤーが、あの可愛い可愛いアイギスたんを拒むでしょうか。こじつけ申し訳ない。
しかしながら、捻くれていたり、2回目だったり、遊んで反応を見てみたかったりっていう考えがなければ、普通に「開ける」を選ぶでしょう。もしここで拒否ってしまったらEDが変わってしまうかも?!ていうネオロマ的な考えも無きにしも非ずな私でしたが(笑
じゃあ、なんで結果的開けざるを得ないということになるにもかかわらず、「開けない」という選択肢を設けたのか。
ほら、主人公も高校生の男の子…!対シャドウ用兵器とて、今や人としての感情痛み感覚を持ったもうすっかり女の子のアイギスを部屋に入れるとなると、それ相応の準備が…!!!

そんなばかな。

あの部屋を見て、あの殺風景な部屋を見て、何をどう準備する為にアイギスを部屋の外で待たせるのか(笑
それに、制服にまで着替えて行く準備万端な主人公が身だしなみを気にするわけがない。むしろ、もう気にしようがないじゃないか、私服ならまだしも制服なんだから…!
だから、ちょっとした反抗の意思として「開けない」があったのかなと思いました。
それにね、アイギスだけじゃなく他のメンバーには卒業式という大きな式典に参加しないと言うちょっとした意思表示と反抗が…。
だって、アイギスが部屋に来て数分で「もう、卒業式始まっちゃいましたね」って、主人公式典出る気なかったでしょ。
まぁ、辛い体ですし式典だなんて苦痛というか精神的には激痛となんら変わりないものかもしれないし。
卒業式に出なかったのは、反抗はさておき意思表示なのは確かでしょうね、約束の場所で待ってるっていう、明らかな意思表示。
で、屋上にていちゃこらぶらぶしてるアイギスと主人公ですが。いや、実際アイギスのポジションを、あの膝枕という絶好のポジションを是非とも替わっていただきたいと思ったのはきっと私だけじゃないはず…だ、って、主人公に膝、枕とか、してあげた…!!(主人公好きめが…!

さてさて、ここで主人公は「死んだ」のか「眠った」のか、意見が大きく分かれるところですよね。
今まで書いてきた私の考えからすると「死んでもおかしくない」的な感じでしたが、ED直前にてアイギスの一発必殺大逆転!「あなたを守る事が私の生きる意味」

キタコレ。

ここで可愛い女の子を泣かせるまで惚れさせて、ほいほいと捨てられるそんな薄情な漢がどこにいる!!!!
漢なら、こんな健気で可愛くてまだまだ幼い女の子をほって置けるわけがねぇ!!こっちが、守ってやるしかねぇじゃねぇかよ!!!
的な?知らないよ、私男じゃないもの。それに、主人公がそこまで熱い漢だとは想像もつかなかった事実だわ…!まぁ、素敵!
そんなこんなで、嬉しくも悲しかな、自分を生きる意味、すなわち存在意義と言われてしまえばおいそれを死ねるわけがない。これは、あるサイト様が考察にて仰っていたことですので、それに多少なりとも影響されての考えかもしれません。
しかしながら、P3プロデューサ橋野さんは仰いました。
「彼の物語は完全に終わってしまっている」

身も蓋も無い…。

確かに、綾時は言いました。「彼は命の答えに辿りついた」と。
それは、戦う前にメンバーたちが示した「死」であるとしたら、きっと彼はあの時屋上で皆と約束した場所で、暖かい風と大きな優しさに包まれながらゆっくりと息を引き取ったのかもしれません。
一番理想的で、一番幸福で、一番苦痛な最期。
約束を果たし、自分はたくさんの人との関係を絆を築き、その大切な絆を結んだ人たちを自分の手で守った。守り抜き、ある意味での殉職に近い理想的な死。
自分を思ってくれる、たくさんの人の信頼と、大きな優しさ。そして、その大切な人たち、一番強い絆を結び、その人たちに看取られる幸福な死。
日常的と化した身体的な苦しみからの解放。それ故に、手放す対価の大きさ。それに伴う苦と切なさと悲しみと他の様々な感情が渦巻く精神的に苦痛な死。

目を閉じることを半強制とした選択肢だったように思う、あれは。
どちらにしろ、目の前の景色は白く淡くなって消えていくし。そしてスタッフロールがあって、アイギスの涙を含むような笑顔。
何も語らない、曖昧なエンディングはきっと、プレーヤーの中での最期の選択肢を示したのかもしれない。
「生」と「死」。
生きる理由、可能性、根拠はある。
しかしながら、死ぬ理由も、可能性も、根拠ですら、悲しくも存在する。
だから、理由とかそんな理屈は抜きにして、生きてほしいから「生」、死んでも話は解るから「死」なーんていうプレーヤーの意思で最後は決まるんじゃないかなと思いました。

じゃぁ、私は綾主を存分に楽しむ為に「生」を選択する事にします(笑

あとね、綾時の最後「僕はこの宇宙で再び眠りに還る」ってあれ。
あの、宇宙は主人公のユニバースだとすると綾時はまた主人公の腹の中に還ったってことになるの、か…?!
夢枕に立つのはきっとファルじゃなく、綾時だったら萌えるな。
「やぁ、久しぶり」って。
実態じゃないから、きっと鼓膜から主人公を犯すんだ。石田声で(笑

とりあえず、考察終わり。
私的感情妄想願望込み込みの考察なので、あまり参考にはならないと思います(笑

あー、フェスが楽しみ!
あ、だからかも。
生か死か、どちらでも取れるようにかもしれない、フェスの主人公の扱いって。ベスとのデートとかさ、ちょくちょく主人公出てくるみたいだし!
如何せん、フェスをプレイしていないのでどうとも言えないところが痛いですがね。
綾時も友情出演で出てくれば良いのに…むむんー。
スポンサーサイト





comment:0 trackback:0 #日記

<やんばーーぁいん!!ギアスー!: home : 5時起きとか>












まひろにだけ表示を許可する。


#トラックバックURL
http://nadplus.blog56.fc2.com/tb.php/136-1ce24420







| home |


admin

Template*skin to farrow
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。